category label

ファンタビジョンノオウヨウ

応用といわれても、特に応用する事なんて無いけどね。 実践あるのみのゲームですから。
ていうか、Applicationを「応用ソフト」って訳すのは気持ち悪いからやめてください。
同じく、OSを「基本ソフト」って訳すのもやめれ。

 

イチオクテンを目指す

100 MILLION

一億点って・・・

一億。totoの賞金最高額だったり、日本の人口よりは少なかったりして、多いのか少ないのかよくわかりませんが、とにかく108です。100M(メガ)です。100MBytesのHDDといわれたらカンペキ少ない気がします。100MBytesのメモリというのも、今や少ない気がします。
108の分解能は1億です。覚えておきましょう。 この手の数は考えて回答してはいけません。
2562も計算してはいけません。 答えは《ろくごーごーさんろく》です。
《ろくごーごーさんろく》2は覚える必要はないでしょう。ただし《ろくごーごーさんろく》×256は16777216ですが、これは 1677万と覚えてください、32ビットフルカラーです。
記述が発散していますね。 ともかく、デフォルトにあるまじきハイスコアの一億をトップスコアから引きずり降ろしましょう。ていうか開発者の皆様方はコンスタントに1億点出せるんでしょうか?ただ単に各ステージでのハイスコアを足しただけではないのか?そんなばかげた点数です。

オウヨウノキホン

BASIC APPLICATION

応用の基本

単語が自己矛盾していますが、ニュアンスは伝わりますね。日本語の不思議です。
別に日本語が偉いとは思いませんけどね。概ね2Byteだし。
ここまで読んで戴いてるということは、エクストラゲームをクリアしていると思われます。
とりあえず、チェインアタックで全ステージ300CHAIN以上が出ている事であることにします。
それだけでは一億に全然足りない可能性があるので、一応基本と言うことで。

CHAIN A CHAIN

チェインの繋ぎ方

もしかしたら、CHAINが全然繋がらないという方のために少し、コツのようなものでも。
キホンのところで書いていますけど、 フラッシュ後にチェインとしてカウントされるための猶予時間があります。
これらを大体の感覚として掴めなければ話になりません。
これは、ひたすら練習あるのみです。 山籠もりしてでも訓練してください。もちろん眉は片方剃らないとね。

ちなみにフラッシュボタンを押してから次に押すまでのタイミングではかるよりも、開花音が鳴ってから次に押すまでのタイミングをはかった方がチェインが繋ぎやすいような感じがします。ですんで、オプションでディレイを調整しながら自分が一番ミスが少ない時間を選んでみて下さい。

VARIETY OF FIRE

花火玉の種類に対する考察

マルチとワイド以外は2秒なのでこれは特に気をつけなくても良いのですが、ワイドは4秒、マルチはトータルで5秒となっており、この二つを如何に巧く活用できるかでCHAINの繋ぎ易さはだいぶ変化してきます。

一番やってはいけないことは、マルチの小玉をフラッシュし忘れてCHIANが切れること。
切れないと明白に判っている場合や、 誘爆でマルチがフラッシュし勝手に小玉になってるときなどは、小玉をほったらかしにしてもまあ良いけれど、CHAINを切らしてはいけません。こんな事をやっていると自分が嫌になってくるので。

ワイドは、キャッチしている花火玉と同色のワイドが開花中であれば、ワイドが終了するまえにキャッチしている花火玉をリリースする事により誘爆させ、花火玉が3つ揃っていない場合の多少の緊急回避として用いることも可能です。これで、ワイドも5秒くらい持たせることが出来ます。
あくまで、最後の悪あがき状態なのでなるべくこのような事態を招くことなく続けましょう。
しかも、画面(自分?)が移動している場合にはワイドのフラッシュが画面全体に及ばない事もあるので気をつけましょう。

※この姑息な方法はワイドに限ったことではないが、ワイドが一番やり易いので、一例としてあげてみました。

VARIETY OF ITEM

アイテム玉に対する考察

倍率を上げることも重要ですが、 変化するアイテム玉はなるべくマルチかワイドの状態でフラッシュさせることがキホンです。マルチとして掴んだアイテム玉は、他にマルチがある場合以外はそのままフラッシュさせるのが良いです。ワイドも同じです。倍率を上げることも重要ですが、とにかくCHAINが繋がっていないことには話にならないので。
それと、本当に余裕があるとき以外はアイテム玉の選択はしてはいけません。アイテム玉(二重枠で囲われていないもの)はキャッチ&リリースで変化しますが、それほど選択している余裕は無いので、そのままフラッシュさせ、CHAINに組み込んでしまいましょう。
それと、後のために取っておくこともあまり意味が無くなるので止めましょう。
ネクストを見て、3つ揃っていない場合や、アイテム玉が沢山ある場合などの限られた状況ならまだしも、取って置いてもいつの間にか画面外に消えてしまう場合が多いので見つけたらさっさとフラッシュさせてしまいましょう。それに、アイテム玉の方がキャッチの優先度が高い感じなので、あまり画面内に沢山あると、普通の花火玉が掴めず、沢山掴んでるのに、フラッシュできない状態でCHAINが切れるという最悪の事態を招く可能性もありますので。
これは、WILDにもいえます。 とにかく、それほど差し迫った必要性が感じられなければすぐにフラッシュさせてしまいましょう。
特にWILDは、気が付くと消えてしまいますので。

面毎の姿勢

GET READY?

ココロガマエ

面クリ型のゲームであるので、それぞれの面で多少CHAINの繋ぎ易さが異なります。どの面もそれなりの苦労があり、それなりにCHAINが繋げるようになると、各面での相違は減少してくるが、0には収束しない感じ。
特に注意が必要なのは、やはりstage7,8である。この二つの面は、常に画面が回転しており、フラッシュによる誘爆が期待通りに起きない場合がある。また、面自体も短く、最初から最後まで繋いだとしても、400CHAINを越すのはかなり難しい。

基本的に画面が回転する面や、下以外から花火玉が上がってくる面はやりにくい。
stage3は、いきなり横から出てくるので注意が必要であり、以外と繋ぎにくい。
また、stage5,6のように、花火玉までの距離が気分的に遠い場合も多少やっかいである。

色々書いているが、結局stage1,2が簡単である。
しかし練習してもこの二つのstageで400CHAINを越せなければ、それ以外の面ではまず無理であろう。まずは、stage1での練習が必要である。 但し、このstageは花火玉の上がる間隔が長いので、最初はキャッチ&リリースで花火玉を消さないように粘ってからCHAINを繋ぎ始めるのが良い。
実はこれを加味するとstage2が一番簡単なのかもしれない。stage2は途中、結構な速度で画面が移動するポイントがあり、ここでCHAINを切らさないように多少の注意が必要である。

スコア

CANNOT TO GET

不可能では?

ちなみにチェインアタックでの最高スコアはstage2の455CHAINで4DIASYのときで、倍率が25倍程度だったので1600万点くらいでした。エクストラゲームでトップスコアを倒すためには、1stage当たり1250万点という理不尽な点数を稼ぎ出さなければならないが、このスコアが普通に出せれば、トップを更新できます。
stage2で最初から最後までCHAINを繋げたときのスコアなので、エクストラのトップスコアを倒すにはすべてのstageでCHAINを繋ぎっぱなしという事態を招かなければなりません。

暫くはチェインアタックで精進してください。
エクストラがクリア出来ないとかの時の練習にも丁度よい感じです。スコアを出すには、この様にCHAINを最初から最後まで繋げる様にならないと恐らく無理である。
stage7,8では、どんなに頑張っても300CHAIN強が限界で、1000万点に届くかどうかの瀬戸際であるのでそれまでに如何にスコアを稼げるかがキホンである。

CHAINを繋ぐことがキホンであるが、1つだけ注意がある。
それはスターマインである。
ノーマルゲームではスコアを稼ぐためのキホンとなるが、エクストラでトップスコアを目指すためには基本的に突入してはいけないモードである。それは、確かに200万点弱が稼げるが、CHAINが切れるため、結果としては安くなってしまうから。
ステージクリアしてても、スターマイン中であればスターマイン終了まではステージ続行するので、理想としては、CHAINを最初から最後まで繋げつつ、最後の最後でスターマインに突入するというものだが、只の理想で、そんな事は狙えない。 但し、アイテムがコントロール出来れば別ですけど。

現実問題としてスコアを稼ぐためには、やはり多DIASYスタートでCHAINを繋ぐことである。DAISYが少ないとスコアに結構な差が出てくるために、やはり最低でも4DIASYが基本であると思う。それと、いくらDAISYを繋いでも倍率が低いと1000万点に到達しないので 4DAISY-400CHIANで最低16倍を越えなければならない。
アイテムのコントロールがほぼ不能であるので、そんなに気を払わないでも良いが、やはり余裕があるときは多少気を払うべきである。
基本的にアイテムはすぐにフラッシュする方針で行くが、マルチなどをフラッシュしたときなど、CHAINに多少の余裕がある場合には、変化するアイテムはなるべく倍率を狙ってみる。
ただしここで基本的な姿勢として狙ってみるだけという事である。
あまり固執してはいけない。もしかしたら倍率アップになるかもという期待程度でやることである。
CHAINが切れてしまっては何の意味もないので。

これらの事をふまえての基本姿勢。
 ■スタートはなるべく多いDAISYで始める
 ■CHAINはもう最初から最後まで繋げる
 ■倍率を多少気にする
 ■スターマインはキャッチすらしてはいけない(消える時間が異様に延びるので)
これが出来れば一億点も可能です。出来ればね……。

ENTRIES
このページに含まれる記事一覧
INDEX
現在のテーマの上位及び下位テーマです
CONTENTS
ABOUT IS.COM
このサイトについての注意及びその他
このサイトの制作者
hima image
ナマエ: hima(暇)
生息地: 青森県近辺
スペック: 確実に理系・aiko・パズルっぽいゲーム好き・貧乏暇だらけ・形から入りがち・道具好き・SONY・テレビっ子・B型に見られがち
    • idlingspace BBS

      Idlingspace.comに於ける掲示板。用途は不定,何でもOK
    • thumbnail in entry
      日記にイメージがあるもの一覧
    • all contents index
      Idlingspace.comの全ページリスト。日記と掲示板を除く

IS.COM banner image IS.COM banner
link to RSS RSS distribution
Get Opera browser Get Opera!
Get Firefox browser Get Firefox!
twitter my home follow me.
mixi my page join my-mixi
playlog my page my music style

IDLINGSPACE.COM
This site contains some informations, Ex games, hima, aiko, and so on.
"IDLINGSPACE.COM" is fabricated by 1996- hima. Linking with this site is always Free. Almost all rights reserved by hima, and I don't know who reserve the rights that weren't reserved by hima. And this site cannot guarantee that's all true.
You must not complain for no updating this site. You must not complain for that hobby differs from hima.


サイト内ケンサク

スクリプトエラーが発生することがわりとありますので,そういうときは慌てず騒がず「戻る」で戻ってきて下さい.


 
 Idlingspace.com for Mobile.
 http://m.idlingspace.com/
 ※パケット定額必須!!
ADV.